【重要】ネットビジネスの確定申告について

こんにちは!

BUYMAアドバイザーの滉です^^


今回の記事は、

ネットビジネスをしている人には

絶対に知っておいてもらいたい、

確定申告について



お伝えしていきます。


副業でBUYMAに取り組んで

おられる方は、確定申告に関しては、

「めんどくさいし、よく分からない」

という方も多いかと

思われます。



まず、

確定申告とは、

毎年1月1日から12月31日の

1年間の所得から税金額を計算し、

それを翌年2月18日から

3月15日の期間内に支払う

手続きのことです。


所得の計算期間が、

毎年1月1日〜12月31日の1年間。


申告期間(確定申告)が、

翌年2月18日〜3月15日までですね。

申告期間の間に、

納税者は確定申告書や決算書等を

揃えて税務署に申告・納税する

必要があるのですね。



とはいえ、

全ての人が確定申告を

しなければいけないわけではありません。

ではケース別に分けて

解説していきます。






「会社員+副業」の場合



まずは、

会社員をしながら副業を

行っているケース。


会社員としての年収が

2000万円以下で、

副業での所得が

年間20万円未満であれば、

確定申告は不要となります。


年間20万円ですから、

月間あたり17000円程の利益が

あれば、年間20万円に到達し、

確定申告の義務が生じます。









専業でネットビジネスを行っている場合



専業であれば、

年間38万円を超えれば

「雑所得」として確定申告をする

必要があります。


しかし、

税務署に改行届けを

提出している場合は、

「事業所得」として

申告する必要があります。


※事業所得とは、
事業を営んでいる人の、
その事業から生まれる所得のこと。


事業所得の計算式は

以下のようになります。




事業所得の計算方法

白色申告の場合、

売上などの収入から、必要経費を

差し引いたものが事業所得です。


収入ー必要経費=事業所得(白色申告)




青色申告の場合、

青色申告特別控除額(最高65万円)を

差し引いた金額が事業所得となります。


収入ー必要経費ー青色申告特別控除=事業所得


個人事業主の所得税は、

この事業所得以下の

計算式にて算出します。


事業所得ー各種控除=課税所得金額
課税所得金額✕税率ー課税控除額=所得税額



以上が

確定申告について

解説になります。



いかがでしょうか?



僕も始めは、

確定申告や税務に関しては

何もわかっていませんでしたが、

売上が上がるに連れて無視できず、

色々ネットで調べたり、バタバタした

記憶があります。


全ての人にかかってくる

わけではありませんが、

納税義務が発生しているにも関わらず、

確定申告を行わないと、

場合によっては、

無申告加算税・延滞税・保税など

合わせて本来支払うべき額のおよそ

1.5倍も支払う羽目になるので、

しっかり確定申告の知識を

入れた上で、ビジネスに

取り組んでいきましょう!


今回は以上になります。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!


また次のブログで

お会いしましょう^^









BUYMAを仕組み化して0から1の収入を作っていきたいあなたへ
顧客満足度95%超えのBUYMA運営の教科書
「THE BEST」が改訂版として完全リニューアルしました。

BUYMAの商品リサーチ・仕入れ・販売など
運営に関する戦術、思考、テクニックを
電子書籍で徹底解説。

さらに、1日の作業時間を90%以上減らし、
「24時間」「365日」お金を稼ぎ出す
仕組み化の方法も掲載しています。

期間限定でメルマガ登録者にタダ(=0円)でプレゼントしていますので、
下記の「無料で受け取る」をクリックして手に入れてください!

↓↓
無料で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です