仕入れトラブルの対応方法について

こんにちは!

BUYMAアドバイザーの滉です^^


BUYMAで

受注件数が増えてくると、

どうしても仕入れトラブル

出てきてしまいますよね。


そこで今回の記事では、

『仕入れトラブルの対応方法』



についてお伝えします。



まず、

仕入れトラブルとは

どういったものがあるかというと、

・商品が届かない
・サイズが違う商品が届いた
・届いた商品が破損していた

などがあります。



僕自身も、こういうには

何度か出くわしています。


理由としては、

海外の品質基準は

ゆるい所が多く、

日本のメーカーやショップなどと

違ってくるからなんですね。


今回はそういった

BUYMAでの仕入れトラブル

発生時の解決策や対応方法を

紹介していきます。


これを読んで、

今後トラブルが起こった際の

参考にして頂ければと思います!



では、まず

どういったトラブルがあるか

例をあげて見ていきましょう。






商品が届かない



まず、BUYMAを
始めたての頃に
1番心配される事として、


仕入れた商品がまだ届かないけど
大丈夫なのかなという不安です。

仕入れの多くは
海外のECサイトになります。

国際配送になるので、

日本国内での通販とは違い、

輸入通関などの手続きも

あるので時間が

掛かってしまうんですね。


ですが、

「商品が届かない」事は

ごく稀ですので安心してください。


万が一、

買い付けた商品が

届かないことがあれば、

返金申請などで解決ができます。

(書き方は後述します。)







サイズが違う商品が届いた



こちらは、
仕入れトラブルの中でも
よくあるトラブルです。

注文した商品と違う
サイズのモノが届けられる
パターンですね。


商品の外袋と中身で
サイズが違うという場合も
ありますので注意が必要です。






届いた商品が破損していた



こちらも残念ながら
よくあるケースです。

洋服が汚れていたり、
縫製があまく破れている。


靴のプレートが剥がれている。


輸送中に箱が崩れて
中身も破損している、
などなど様々です。


上にあげたようなトラブルに
遭遇した時の「解決策」として、

まずは、
仕入れ先のショップや
メーカーに連絡をしましょう。

メールでの連絡、もしくは

ショップのサイトに返品に

ついてのページがあり、

そこから連絡を取ります。


その際には、

商品の写真を添付して

オーダー番号なども添えましょう。


よほどの事がない限り、

しっかりと返品に応じてくれるので

安心してください。



そして、

次に絶対にしなければ

いけない事は、

「お客さんへの連絡」

です。


これまでは仕入れ先への対応を

お伝えしましたが、

それと同時に、

注文頂いたお客さんへの

連絡も行なわなければいけません。


仕入れた商品が、

ショップの発送ミスにより

間違った商品が届いた

などの事実を伝え、

その上で商品到着まで余計に

時間が掛かるがお待ち頂けるか

などを尋ねます。



待って頂けるなら、

再度新しい商品の仕入れ手配をします。


お客さんがその商品の

キャンセルを希望するなら

仕方がないので、

素直に従いましょう。






英文メールの例



最後に、


「海外のショップに英文で
メールを送るなんて、
どうしたらいいかわからない、、」


といった方のために
英文メールの例を紹介します。

↓↓

メールの題名: Request for Return


本文:

Dear [お店の名前],
This is an inquiry to ask for a return

of my purchase at your shop.
I received my order. But it got damage.
I want to return it.
Could you tell me how to return ?

The details of my order are listed below.

Order number ○○○○
Item name ○○○○

Best regards, (差出人氏名)

(これは、返品をお願いするメールです。
注文したものを受け取りました。

しかし、商品に破損がありました。
返品したいです。
返品の仕方を教えてもらえますか?

私の注文の詳細は以下の通りです。

〇〇より)




このような簡単な英文で

十分に伝わります。

ポイントは、

要点を簡潔に伝える事です。




よく使う単語として


返品「return」
返金「refund」
交換「exchange」
故障品「broken item」

これらを覚えておけば、

つたない英語でもニュアンスで

伝わりますね。


以上が、

仕入れトラブルの対応方法

についての解説になります。


いかがでしょうか?


経験を積んでいくと、

海外からの仕入れ時のトラブルが

増えてくるようになります。


しかし、

数をこなして慣れていくことで、

冷静に対処すれば全て解決できる

問題になります。


ですので、

トラブル対応もしっかり

出来るようになり、

良いパーソナルショッパーへと

成長して行きましょう!


今回は以上になります。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!


また次のブログで

お会いしましょう^^









BUYMAを仕組み化して0から1の収入を作っていきたいあなたへ
顧客満足度95%超えのBUYMA運営の教科書
「THE BEST」が改訂版として完全リニューアルしました。

BUYMAの商品リサーチ・仕入れ・販売など
運営に関する戦術、思考、テクニックを
電子書籍で徹底解説。

さらに、1日の作業時間を90%以上減らし、
「24時間」「365日」お金を稼ぎ出す
仕組み化の方法も掲載しています。

期間限定でメルマガ登録者にタダ(=0円)でプレゼントしていますので、
下記の「無料で受け取る」をクリックして手に入れてください!

↓↓
無料で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です