高単価商品を扱うメリット

こんにちは!

BUYMAアドバイザーの滉です^^


最近、BUYMAで

色々な方を見ていると、

低価格のプチプラ商品の方が

売れやすいから。という理由で

高価格帯の商品を避けている

ライバルショッパーさんが多いです。



そこで今回の記事では、

高単価商品を扱うメリット



についてお伝えします。



では、早速

そのメリットを

紹介していくのですが、


まず、

利益率の面で言うと、

単価が大きくなり

商品を多く売らなくても

大きな利益が見込めます。



例えば、

利益率15%とした場合、

単価がそれほど高くもない

3万円のバッグを販売した時の

利益額は「4500円」

です。



一方で、

高単価である

30万円のバッグを

販売した時の利益額は、

一撃で、

「45000円」

になります。


このように一回の受注の

少ない労力で、利益をより

多く得られるということです。




さらに、

お客さんの層から言っても、

高価格帯の商品を購入される

お客さんの特徴として、

お金や時間に余裕があり、

年齢も40代前後と落ち着いた

世代の方が多いので、

ほとんどの方がマナーが良く

温厚な方なんですね。




なので、

配送遅延のトラブルが起きた際でも、

優しいお言葉をかけてもらえる事が多く

ショッパー側としてもストレス無く

取引を進める事が出来るんですね。



また、

丁寧な対応、梱包を意識することで、

「高額商品を丁寧にしっかり

 届けてくれた。」

という安心感を与えて、

お客さんと信頼感関係を築き、

リピーターになりやすいです。


高価格帯を好むリピーターの

お客さんは段階的に購入金額が

高くなっていきますので、

この点はしっかりと意識して

対応してもらえればと思います。




いかがでしょうか?




以上が、

高単価商品を扱うメリット

についての解説になります。



高単価商品を

取り扱う前の注意点として、

高価格帯の商品を購入する

お客さんの心理として、

やはり不安が大きいです。


なので、

まずは販売実績を

増やすことを意識しながら、

低価格帯商品と高価格帯商品を

組み合わせて出品して

いきましょう。



販売実績が少ない段階では

信用度が低すぎるため、

いきなり高額商品が売れることは

まずありませんからね。



また、

クレジットカードの限度額に関しては、

事前に復数のカードを作成したり、

カード会社に限度額の引き上げを

申請しておく事で高単価商品を

取り扱う事が可能になります。


輸送中の事故に関しては、

追跡可能な発送方法を選択したり、

高額商品の発送事故のリスクに対して

「保険」をかける事が可能です。


一度買い付け先や配送会社に

確認してみましょう。


これらの不安を解消させ、

コツコツと月間利益を重ね、

高額商品が売れるための実績を

積み上げていきましょう!



今回は以上になります。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!


また次のブログで

お会いしましょう^^









BUYMAを仕組み化して0から1の収入を作っていきたいあなたへ
顧客満足度95%超えのBUYMA運営の教科書
「THE BEST」が改訂版として完全リニューアルしました。

BUYMAの商品リサーチ・仕入れ・販売など
運営に関する戦術、思考、テクニックを
電子書籍で徹底解説。

さらに、1日の作業時間を90%以上減らし、
「24時間」「365日」お金を稼ぎ出す
仕組み化の方法も掲載しています。

期間限定でメルマガ登録者にタダ(=0円)でプレゼントしていますので、
下記の「無料で受け取る」をクリックして手に入れてください!

↓↓
無料で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です